ホーム > 目立たない矯正治療

目立たない矯正治療

目立たない歯の裏側からの矯正治療が可能!

歯の矯正において、矯正装置が目立って気になるという方も少なくはありません。歯の矯正といっても、表側だけではなく、裏側からする矯正治療があります。

裏側矯正とは、矯正装置を歯の裏側につけることで目立ちにくくし、人の目を気にせず矯正を進められる歯列矯正方法です。
特に女の子の矯正治療はよく裏側矯正を選ばれます。

舌側(裏側)矯正のメリット

① 矯正装置が他の人から見えない
裏側からの矯正の一番のメリットはやはり、裏側に装置があることで、矯正装置が見えにくいといった審美性です。表に矯正装置ないので、装置による厚みが出ることもないので、他の人に矯正していることを気付かれずに治療を行えます。

② 矯正装置による違和感が少ない
従来の矯正装置の大きさと比べ、半分程度にしてあり、装置の丸い構造をしているので、会話や食事にしにくさが軽減されています。

③ 矯正治療が短期間
矯正装置の大きさが小さいので、装置と装置の距離が広く、ワイヤーの弾性をより利用できるので、弱い力でも効率的に歯を動かすことができます。

④ むし歯になりにくい
歯の表側からする矯正治療に比べて、裏側からの矯正治療はむし歯になりにくいという利点がございます。

⑤ 歯磨きがしやすい
裏側からの矯正装置は、従来の矯正装置と比べて、薄く丸みがあるので、歯磨き(ブラッシング)しやすくなっています。

透明な矯正装置

透明な矯正装置

ここ10年で登場した、比較的新しい矯正治療の方法がマウスピース矯正です。
最新技術を駆使して、パソコン上でシュミレーションしながら、患者さん1人1人のオーダーメードのマウスピースを作成します。
各治療段階に合わせて、マウスピースを交換していくことで歯を動かしていく治療方法です。近年、極めて満足度の高い矯正治療として注目されています。

マウスピース矯正とは透明なマウスピースを毎日約20時間装着して、少しずつ歯を動かしていきます。
この矯正装置も透明なので、近くで見てもほとんどわかりません。また、装置の取り外しも可能なので、便利で装置の掃除もできる、清掃性の高い
治療法です。

マウスピース矯正を受けるにあたって

マウスピース矯正は装置の取り外しができたり、痛みが少なかったり、むし歯などにもなりにくいといったメリットもありますが、デメリットもございますので、患者さんに委ねられる部分が大きい矯正治療です。
目的や条件などを、きちんと考慮した上で矯正専門の歯科に相談して判断をしましょう!

アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら