Staff blog

2013年4月25日 木曜日

当矯正歯科独自のフルボンドシステム

当矯正歯科では、痛みの少ない矯正装置を採用しています。
当矯正歯科独自のものになりますが、患者様への負担を最小限に抑えたいと考えて、日々治療にあたっております。

このシステムは、従来のシステムに比べ、バンドの金属の輪の部分を使用しないため、歯ぐきの負担が軽減されます。
また、装置装着に要する時間も大幅に短縮されますので、患者様のストレスも軽減されます。

また、装着時に患者様が痛みを感じることもありません。
矯正治療を行っていく上で、どうしても痛みが伴います。

しかし、当矯正歯科では患者様ができる限り痛みを感じることがなく、快適にきれいな歯並びを手に入れるお手伝いをしたいと考えております。

スタッフ一同、患者様第一の矯正治療を心掛けております。
フルボンドシステムについてや、その他ちょっとしたことでも構いません。
歯並びで疑問に思うことは、守口市にあります当矯正歯科に、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ | 記事URL

2013年4月24日 水曜日

矯正治療に伴う痛みについて

矯正治療における痛みはどんなものが伴われるでしょうか。
矯正装置によって口腔内は外からの刺激に歯周組織が反応いたします。

その反応が神経を刺激し、発生する痛みが矯正治療による痛みになります。
まず、どこで痛みが発生するのでしょうか。まずは歯を支えています、歯根膜の痛みです。

矯正治療によって生じる痛みのほとんどはこの痛みになります。
矯正用バンド、ワイヤーにより付加がかかり、痛みが引き起こされます。

次に頬粘膜の痛みです。硬い矯正用のワイヤーにより、歯肉や頬粘膜が擦れてしまいます。
擦れたことにより痛みが発生します。
硬いワイヤーを補うためにつけるループも、頬粘膜を傷つける恐れがあります。

最後に舌の痛みです。
矯正治療に用いる拡大装置には弾力性を増すため、ワイヤーに丸いループが組み込まれておりますが、このループが舌に挟まったりすると痛みの原因になります。

当矯正歯科では、なるべく痛みのでないフルボンドシステムを採用しております。
このシステムについてご質問等ございましたら、守口市にあります当矯正歯科にお気軽にお問い合わせください。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ | 記事URL

2013年4月23日 火曜日

お子様の矯正歯科も行っております

お子様の矯正治療は、成人の矯正のように負担をかけて歯を動かすわけではなく、顎の成長をコントロールしていくという治療方になります。
そうして適切な歯の位置に動かしていくと言う方法です。

乳歯から永久歯への交換時期でもありますので、それをふまえた上で矯正治療を行っていきます。
メリットとして、無理に力を与えず、コントロールしながら治療を進めていくことができますので、無理な抜歯を行うことがありません。

成人の方のように時間が限られておりませんので、ゆったりと治療を行うことができます。見極める時期として、乳児期の歯列矯正、小学生の歯列矯正、中高生の矯正と見極めてまいります。

中高生になると顎の発達は終わってしまう可能性がありますので、学生のうちに治療を開始するか、社会人になってから開始するのかをご相談して決めていきます。

お子様の矯正治療も初回の相談は無料となっております。
守口市にあります当矯正歯科にぜひご相談ください。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ | 記事URL

2013年4月22日 月曜日

マウスピース矯正について

裏側矯正も他の人から見えることはありませんが、ここ10年で登場したのがマウスピース矯正になります。
患者様お一人お一人の口腔内の状態に合わせ、パソコン上でシュミレーションし、マウスピースを作成していきます。

この治療の特徴が、各段階に合わせマウスピースを交換し、歯を移動させていくことです。
マウスピースも他の人の目が気にならない無色透明になりますので、近年、満足度の高くなっている矯正治療でもあります。
このマウスピースは、毎日20時間装着をしていただき、少しづつではありますが、歯を移動させることになります。

何より矯正装置は無色ですので、近くで見ていただいてもほとんどわからない状態です。
装置の取り外しも簡単ですので、ご自身で清掃ができ、清潔に保てます。

しかし、マウスピースは装置の取り外し、痛みが少ない、むし歯になりにくいと言ったメリットもありますが、患者様主体の矯正治療になります。

当矯正歯科では目的や条件など詳しくご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。
守口市に当矯正歯科はございますので、お待ちしております。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ | 記事URL

2013年4月22日 月曜日

守口市で裏側矯正を行っております。

それでは、裏側矯正のメリットをご紹介したいと思います。
まず、矯正装置がほかの人からは見えません。

女の子や大人の方にはとても支持されている矯正装置です。
裏側に装着して治療していきますので、他の人の目を気にせず矯正治療を行うことができます。その次には、この矯正装置による違和感が少ない事です。

従来の矯正装置に比べ、半分程度の大きさとなっておりますので、違和感を感じにくくなっております。
矯正期間が短期間ですみます。
装置と装置の距離が短いので、細いワイヤーでの弾性力を利用することが可能ですので、弱い力でも効率的に矯正治療が行えます。

そして、むし歯になりにくいです。
歯の表面から行う従来の矯正装置に比べ、裏側から矯正を行い、装置の大きさも小さくなりますので、ブラッシングがしやすく、むし歯になりにくいというメリットがあります。

むし歯になりにくいのは、歯磨きが行いやすいのと、唾液の緩衝からです。
従来の矯正装置に比べ、薄く丸みが出てきておりますので、ブラッシングがしやすくなっております。

裏側矯正についてお知りになりたい方は、当矯正歯科までお気軽にお問い合わせください。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら