Staff blog

2013年5月14日 火曜日

目立ちにくい歯の矯正方法

歯科矯正といえば、銀の金具で歯を全体に覆い、目立つイメージが強いかもしれませんが、最近では透明のマウスピースや歯の裏側から金具をつけたりする方法があります。
女子の歯科矯正ではよく利用されています。
歯の裏側だと他の人から見えにくく目立たないので審美的にもよいと患者様によろこばれています。
矯正器具をつける期間も短くなったとはいえある程度はかかるので、他人から見て器具が見えにくいのは、お子様だと気になる方が多いののでおすすめです。

歯の裏側から矯正の器具をつけると大きさが半分くらいなので、会話や食事をしやすいです。
また、矯正器具をつけていても違和感があまり生じにくいです。
また、装置が薄く丸みがあるので、歯みがきもしやすいので虫歯になりにくいです。

装置のワイヤーの弾性を利用し、弱い力で効率的にすることができるので矯正期間が短いというメリットがあります。
矯正方法でお悩みの方はぜひ岡本矯正歯科でご相談ください。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら