Staff blog

2013年5月28日 火曜日

できるだけ痛くない矯正方法

歯科矯正は、ワイヤーなどの装置を利用して歯を少しづつ動かしていくので痛みを伴うケースもあります。
痛む場所がわかれば対処方もわかります。
矯正治療では、歯根膜の痛みが治療での大部分だと思われています。

歯根膜とは、歯を支えている組織の名称で、この部分に矯正用バンドや矯正用ワイヤーをすることによって刺激を与えるので痛みを引き起こします。
後は、ワイヤーやバンドど頬粘膜が擦れてしまって痛んだり、舌が痛んだりと色々な箇所で痛みが引き起こされたりします。

当院では、フルボンドシステムを導入しております。
このシステムはこれまでの矯正治療とは異なり、バンドを使用しないため、歯茎への負担がかなり少なく、痛みもほとんど感じにくい矯正方法です。
痛みを感じることは仕方がないところもありますが、できるだけ痛みへの負担が少ないようにこの治療法をとっています。
矯正装置を装着する期間も大幅に減りますのでお子様など痛みに不安な方におすすめな矯正方法です。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら