Staff blog

2013年9月18日 水曜日

当院でのこどもの矯正治療の進め方

成人の歯科矯正治療と、こどもへの矯正治療は全く異なるといってよいものです。
成人では、既に完成された顎や歯をどのように動かし、きれいな歯並びにしていくかが重要になってきますが、こどもの矯正治療では、これから育っていく過程を見ながら進めることになりますので、治療自体も長期間に及びます。

口腔内の状態や歯の状態などを確認しながらカウンセリングを行い、精密検査をします。
それを基に治療計画を立て、実際の治療に入っていきますが、まだ矯正治療を行うには早い、と判断された場合には、虫歯予防や経過観察のための通院を続けながら適切な時期を待つことになります。
小児矯正は永久歯が生え揃う前の時期が最適。
歯並びは身体全体のバランスに大きく影響します。

気になると思ったら、ぜひ相談においで下さい。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら