Staff blog

2017年3月22日 水曜日

守口市にある当院の矯正歯科で、いち早く子供の歯並びを治そう

大人の歯の矯正治療と子供の歯の矯正治療の大きな違いとなるのが、負担をかけて歯を動かすか、顎の成長を利用して適正な歯並びにしていくかです。

子供の歯の矯正治療なら、意図的に抜歯しなくても済む可能性が高く、治療費や治療にかかる時間の問題もクリアしやすくなります。子供の歯の矯正治療を行うべきタイミングの目安としては、永久歯が生え揃う前で、あごの骨の成長期と、矯正治療の開始時期を合わせるのが基本となります。幼児期の歯の矯正治療は、その後の永久歯の生え方が変わるため、事前に問題が発生するのを予防できます。

小学生の歯の矯正治療は、顎が正しく成長するサポートとなり、顎に適度なスペースがあれば、永久歯がしっかり生えてきてくれます。中高生の歯の矯正治療は、大人とほぼ同様の骨格となり、社会人になってから治療を開始するかの境目になります。お子様の歯並びに問題があるのではと思ったのなら、歯の矯正治療を受けるかどうかを検討する時期と認識した方が良いでしょう。少しでも気になることがあれば守口市にある当院の矯正歯科にご相談ください。歯並びが悪いことが理由で口元がコンプレックスになり、虫歯や歯槽膿漏にもなりやすくなります。

お子様の口元の将来を考えるのなら、適切なタイミングで歯の矯正治療を受けた方が良いでしょう。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら