Staff blog

2017年7月12日 水曜日

子供の歯並びでお悩みの方は守口市にある当院にご相談ください

子供の歯並びが気になるけど、矯正治療をしなければいけない状態なのか分からない、という親御さんも多いのではないでしょうか。

矯正治療をおすすめしたい悪い歯並びには様々な種類があります。悪い歯並びとしては主に「出っ歯」「受け口」「八重歯」などが挙げられます。出っ歯は歯が口唇から出てしまうため、口が閉められなくなり口呼吸になるう恐れがあります。

口呼吸は口の中が乾燥し、唾液の量が減ることで口内環境が悪化します。そのため、虫歯や歯周病になりやすくなるという悪影響を及ぼします。受け口は上下の歯列のバランスにズレがあるため、食事の際に上手に咀嚼ができなくなります。よく噛まずに食べ物を飲み込むことは、胃腸に負担を与えるだけでなく、消化不良が起きて身体の成長に影響が出ます。

八重歯は時にはチャームポイントにもなりますが、歯が磨きにくい状態であるため虫歯や歯周病にかかる可能性が高くなります。また、噛みあっていないため噛むことにも悪影響があり、他の歯に負担がかかることや、出っ歯と同じように口が開くため口の中が乾燥するというデメリットがあります。

綺麗な歯並びには、噛むことによって身体の成長を促すことや、見た目にも良い印象を与えるなど様々なメリットがあります。お子様の歯並びにお悩みの方は、守口市にある当院にお気軽にご相談ください。

投稿者 岡本矯正歯科 スタッフ

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら