ホーム > 痛みの少ない矯正治療

痛みの少ない矯正治療

矯正治療の痛みの原因とは?

矯正治療にはワイヤー等の装置を装着するため、痛みを伴うケースが多いのが事実です。
矯正治療中の痛みは、歯周組織の神経部分が、外部からの刺激を受けることによって発生します。
これらは痛みを感じる部分で原因が異なりますので、どこが痛むのかを把握しておくことで、対処方法がわかります。

1.歯根膜への痛み
矯正治療に伴う痛みの大半は、この部分が該当します。
歯根膜とは、歯を支えている組織の名称で、この部分に矯正用バンドや矯正用ワイヤーが刺激を与えることで、痛みを引き起こします。


2.頬粘膜への痛み
矯正治療に使用する装置にも様々な種類があり、その中でもコバルトクロム合金やステンレススチールワイヤー等の硬質ワイヤーを使用した治療の場合、歯肉や頬粘膜がワイヤーに擦れてしまい、痛みが発生します。
また、弾力性を与えるためにループを取り付けることもありますが、それによって頬粘膜が擦れてしまい、同様に痛みを引き起こしてしまうケースもあります。

3.舌への痛み
矯正治療に使用する拡大装置には、ワイヤーに弾力性を持たせるために、円上のループが組み込まれていますが、このループが舌に挟まったりしてしまうことで、痛みを感じることがあります。

痛みの少ない矯正治療~フルボンドシステム~

痛みの少ないフルボンドシステムを採用!!
矯正治療の際、痛みが伴ってしまうのは仕方のないことですが、当院では、極力痛みの少ない治療を心がけています。
出来る限り患者さんの負担を軽減し、安心して治療を受けてもらうために、独自で考案した『フルボンドシステム』と言う装置を使用しています。

痛みの少ないフルボンドシステムを採用!!

このシステムはこれまでの矯正治療とは異なり、バンドを使用しないため(写真○の部分)、歯茎への負担が少なく、痛みもほとんど感じません。
また、装置を装着する時間も大幅に短縮されます。

矯正治療の痛みが不安なお子様にも、安心して受けられる治療方法です。

フルボンドシステムに関するご質問等は、お気軽にご相談ください。

アクセス


大きな地図で見る

大阪府守口市寺内町2-7-27 富士火災ビル4F

お問い合わせ 詳しくはこちら